未分類 0 Comments

ヒューマングレードであるキャットフードを選ぶことや、それに近い安全な食品を使用したフードを選ぶことで、愛猫に安心して与えることができます。さらに猫の健康を考えるならば、高タンパク、高脂肪、低炭水化物のものを選ぶといいでしょう。そして、保存料や酸化防止剤などの添加物が入っていないものも猫の健康を守るためのフードとして選びたいものです。そして、栄養面ではアミノ酸、ビタミン、ミネラルをバランスよく配合されているものです。さらに、尿路の機能を正常に保つ成分を含み、食べきりやすい少量のパッケージの商品なら完璧です。

まず、使われている食材が「ヒューマングレード」あるいはそれに準ずる安全なものかを確認しましょう。くれぐれも前述の「安い肉」などを猫に食べさせないようにします。次に、高タンパク、高脂肪、低炭水化物のものを選びましょう。「グレインフリー」ならば炭水化物を抑える事ができます。とにかく肉食の猫にとって食べやすいものを意識しながら選んであげましょう。さらに、保存料や酸化防止剤などの添加物が入っていないものを選びましょう。「無添加」ならば一切の添加物を含みません。そうでなくても保存料や酸化防止剤、それに香料や塩、着色料は最低限避けましょう。加えて、猫の健康寿命を延ばすためにアミノ酸、ビタミン、ミネラルといった必須栄養素をバランスよく配合したものを選びましょう。

また、猫はしばしば尿路結石などの排泄機能障害を起こします。ベリー系のフルーツなど、尿路の機能を正常に保つ成分を含むものを選んであげましょう。最後に、キャットフードの新鮮さを保てるように、少量のパッケージを選びましょう。猫が毎日の食事で幸せを感じられるように、いろいろと気配りをしてあげてください。

未分類 0 Comments

プレミアムキャットフードの特徴の一つが「無添加」もしくは「人工添加物不使用」です。無添加とはすなわち、「添加物を一切使用していない」事を意味します。一般のキャットフードに含まれる人工添加物の中には、猫の身体にとって良くないものが多いのです。たとえば、「保存料」と呼ばれる人工添加物はキャットフードを長もちさせることを目的として加えられています。

しかしごく一部の安全基準がゆるい中でつくられているメーカーだと、長期保存を重要視し目的とされているため、猫にとっては保存料が体に毒となる事が多いのです。また、「酸化防止剤」も猫にとって毒になります。酸化防止剤は食品の酸化、つまり傷みや腐敗を防ぐために食品に添加されています。

こういった人工添加物は猫への影響はまるで考慮されていません。添加物にはキャットフードを作る側の都合上で使われる理由が存在します。人間が食べるものに入っている添加物に関しては厳しい安全基準を定めていますが、キャットフードの場合は異なります。そのためキャットフードを購入する場合には、極力「無添加」または「人工添加物不使用」のものを選びましょう。添加物の中でも保存料や酸化防止剤、それに香料や塩はもちろん、着色料も猫の健康を考えると不要ですから、最低限これらは避けましょう。

未分類 0 Comments

猫の健康を維持する上で、毎日の食事の質はとても大事です。「プレミアムキャットフード」と呼ばれるキャットフードは、猫の健康寿命を延ばす事に特化したキャットフードです。猫という生き物の特徴をしっかりと把握した上で「高品質」を実現しています。プレミアムキャットフードの多くには、「グレインフリー」、「ヒューマングレード」、「人工添加物不使用」といったフレーズが付いてきます。それぞれのフレーズについて、その意味を説明します。

まず、「グレインフリー」とは、「穀物不使用」を意味します。穀物の一つに「トウモロコシ」がありますが、実は猫にとってトウモロコシなどの穀物は良い食べ物ではないのです。猫は野生であれペットであれ、肉を主食としています。そのため肉に含まれるタンパク質や脂肪を消化する事で、日々生きていくための栄養素を得ています。

ここで穀物の主成分を考えてみると、穀物の主成分は炭水化物です。猫は生きていくために別段、炭水化物を必要としていないので炭水化物を消化するような胃腸の構造は持っていません。そのため穀物を含むキャットフードを食べると、胃腸に負担がかかる事になります。「グレインフリー」は猫の胃腸の構造をしっかりと把握した上でつくられています。また、「ヒューマングレード」は「人間も食べられる品質」を表しています。つまり、先に述べたような「安い肉」は使っていない、という事です。

未分類 0 Comments

飼い猫のためにキャットフードを買う時、あなたは何を重視していますか。もし「とにかく安いものを」などとあなたが考えているのなら、飼い猫の食べ物に関して考え直すべきです。猫は動物で人間と同じ生き物です。安いキャットフードがなぜ安いのか、もしそれらを買い続けている飼い主さんがいるのなら一度食生活を見直してみるべきでしょう。

メーカーが安くキャットフードを売るためには、原材料費を安く抑える必要があります。猫は肉食動物ですから、キャットフードの主原料は肉です。つまり安いキャットフードには、安い肉が使われています。安い肉と申し上げましたが、それはおそらく残念ながら「安い肉」は到底人間が食べられるものではないでしょう。たとえば、死んだ動物や、スーパーの廃棄肉が挙げられます。国内外のキャットフードが混在するなかで、そういった品質が良いとはいえないものも販売されていることがあります。

もし、あなたが飼い猫の事を大切な家族の一員だと考えているのであれば、キャットフードの品質を考えて選ぶことが最善策です。たとえ高額になったとしても、高品質のキャットフードを選んで飼い猫の健康を維持するほうが良いです。「プレミアムキャットフード」と呼ばれるキャットフードが存在します。多くの場合「グレインフリー」、「ヒューマングレード」、「無添加」といった、高品質を表すフレーズとともに販売されています。これらのフレーズはただ高品質を表すだけでなく、猫という生き物の生態をしっかりと考えている証しでもあるのです。