キャットフードの添加物

未分類 0 Comments

プレミアムキャットフードの特徴の一つが「無添加」もしくは「人工添加物不使用」です。無添加とはすなわち、「添加物を一切使用していない」事を意味します。一般のキャットフードに含まれる人工添加物の中には、猫の身体にとって良くないものが多いのです。たとえば、「保存料」と呼ばれる人工添加物はキャットフードを長もちさせることを目的として加えられています。

しかしごく一部の安全基準がゆるい中でつくられているメーカーだと、長期保存を重要視し目的とされているため、猫にとっては保存料が体に毒となる事が多いのです。また、「酸化防止剤」も猫にとって毒になります。酸化防止剤は食品の酸化、つまり傷みや腐敗を防ぐために食品に添加されています。

こういった人工添加物は猫への影響はまるで考慮されていません。添加物にはキャットフードを作る側の都合上で使われる理由が存在します。人間が食べるものに入っている添加物に関しては厳しい安全基準を定めていますが、キャットフードの場合は異なります。そのためキャットフードを購入する場合には、極力「無添加」または「人工添加物不使用」のものを選びましょう。添加物の中でも保存料や酸化防止剤、それに香料や塩はもちろん、着色料も猫の健康を考えると不要ですから、最低限これらは避けましょう。